1. TOP
  2. 新幹線
  3. 0系新幹線「こだま629号」新大阪→博多

0系新幹線「こだま629号」新大阪→博多

0系廃止を翌年に控えた2008年。0系の「こだま629号」に乗った時のものです。
晩年は国鉄色に戻されて運転されていました。
新大阪始発で終点の博多まで、撮影当時の0系運用としては最長距離のものです。
新大阪駅を午前612に出発し、博多駅に午前1041に到着。
所要時間は4時間と29分。
各駅停車で、途中では「のぞみ」や「ひかり」に追い抜かれることもあり、「のぞみ」より2時間程度余計にかかります。
それでも、在来線に比べれば乗り換えなしで関西から九州まで行くことができますし、そんなに急いでいない旅行であれば、「こだま」で行く九州の旅も決して悪くはありませんでした。
途中、「のぞみ」や「ひかり」に抜かれる駅では、ホームに降りて伸びをして、一服できるのも「こだま」の醍醐味ですね。

乗車列車:こだま629号
撮影区間:新大阪→博多
撮影日:2008年5月7日(平成20年5月7日)