1. TOP
  2. 急行
  3. キハ58 急行「みよし」2号 広島→三次

キハ58 急行「みよし」2号 広島→三次

キハ58+キハ28のDC急行に思い出がある方も沢山いるのではないでしょうか?
みなさんの思い出の列車は何ですか?
僕は、父方が新潟だったので、急行「いいで」が大好きでした。
東北本線の電化区間を「いいで」+「ざおう」の気動車超大編成で走るのは何とも心地の良いものがありました。

ディーゼルカー(気動車)の急行と言えば、かつてはキハ58+キハ28が主流で、全国のローカル線で大活躍していました。
私が幼少の頃は、日本全国、首都圏を除けば、そこかしこで見ることができた形式でした。
ですが、その数は国鉄末期からJR化を挟んで激減し、2007年4月時点では、この「みよし」のみとなっていました。

この撮影は、14年前の2007年4月27日のもので、芸備線を走るキハ58+28の急行「みよし」2号 広島→三次の全区間車窓になります。
とうとうキハ58+キハ28の最後の急行が廃止となるということで、広島まで撮影に出向きました。

撮影の約2か月後の2007年7月1日に、急行「みよし」は廃止となり、この後、最後の昼行急行は「つやま」だけとなりました。
その「つやま」も2009年の春改正で廃止となっています。

この当時はハイビジョン撮影用の機材がなく、スタンダード画質です。
画質が荒いので、現代の高解像度モニターでは見るに堪えない画質ですが、当時の雰囲気だけでも味わって頂けたら幸いです。「アスプスの牧場」のオルゴールも今となっては懐かしいと思います。

区間の後半半分では、近くの座席で電話をしている方がいて、動画の約半分近くに電話の会話が入っています。
この点においても聞き苦しい部分になるかと思いますので、その点もご容赦願います。

また、前回の動画では、キハ47の「みよしライナー」の車窓をアップしています。
14年前の車窓と比較してみるのも面白いかと思います。
良かったら見てみて下さい。

撮影日:2007年4月27日
撮影路線:芸備線
撮影区間:広島→三次(進行方向 右側)
撮影機材:SONY DCR-VX2100