1. TOP
  2. 特急
  3. 289系「らくラクはりま」新大阪→姫路

289系「らくラクはりま」新大阪→姫路

時刻表では「特急」と表記されていますが、駅の案内板や車内放送などでは「通勤特急」と表現されている「らくラクはりま」に乗った際のものです。
新快速が通過する「大久保」に停車するのが「通勤特急」らしさでしょうか。
車内放送は、ほぼ自動放送のみで、乗換案内などは簡素なものでした。
乗客はほとんどがサラリーマン風の方ばかりで、「通勤特急」の冠に相応しい状態でした。
乗車人数(混雑具合)は、新大阪発車後は、車内に3人程度でガラガラでしたが、大阪から10人程度、神戸から10人程度、その他の駅からパラパラと乗車して、窓側席がほぼ埋まる位の状態でした。
6号車に限って言えば、通路側に座っている人はいませんでした。
降車は、明石と終点の姫路が多く、期待の大久保はそうでもありませんでした。

乗車車両:クモハ289-3507
乗車座席:6号車16番D席(姫路向いて一番後ろ)
撮影機材:SONY HDR-XR520V